ブログトップ

ゆりこのダブダブ道

yurikodub.exblog.jp

カテゴリ:SAINT BRIEUC(サンブリュー)( 4 )

meets BUSH CHEMIST in St brieuc! 後編



西フランスの片すみで、いまかいまかとかれらの到着を待っていました。
ギュイーンと車が止まって、 CHAZBOやメンバーたちが次々と降りてきた時は、安堵とわくわくの数値がぐぐっと↑。特にDOUGIEには初めて会えたので、テンション急上昇!

ひさびさに聞く英語は、フランス語やドイツ語よりはるかに簡単で、終始爆笑!
b0172829_045452.jpg

リハそっちのけでカンフートークが炸裂。カンフー映画の効果音がSHAKAのDUBみたいで、幼いころから夢中だったんだって。確かに。(Lee先生もカンフージャケあるよね)

b0172829_046690.jpg

Culture freemanはムードメーカー的存在。Irie maaaaan!


みんなけっこういい歳なんですけど、ノリは小学男子のそれそのもの。
17年間も苦楽をともにしてきたからこその境地ですかね。
それぞれがいいスタンスに立って、時にお互いを笑いあい、バランスを保っているんだそうです。なるほど。





フランスでのアテンド役・Youthと、ドライバーのJamalもすごくナイスガイ。フランス語でささやくように会話するラスタ、という光景が新鮮でした。

そして、写真からもわかるようにこぎれいな施設のハコ。「おお〜、楽屋にシャワーついてる!」とはしゃぐ面々。フランスではメジャー、マイナー問わず、アーティストやイベントが政府によって助成されるんだって。だからこういう公の場所でも、Modern Rootsのショウができるというワケ。CHAZBOいわく「イギリスじゃ、アーティストなんてクソくらえさ!」。
こじゃれたスタッフさんたちに対して、East LondonのRude Boyスタイルを貫くBush Chemist。なんとなく、そんなところがレゲエらしい。
サウンドシステムやModern Rootsが流行っていても、それは音楽のいちスタイルであって、Roots Cultureではないのかな? フランスではそんな風に感じました。


会場の写真を撮ろうとすると、100発100中で…。
知らない人がフレームイン(笑)
b0172829_117301.jpg

b0172829_1182454.jpg

またぎ風の彼もしかり。
カメラをかまえると、「盛りあがってま〜す! Oui,Ouiii〜」ってな調子で写りこもうとしてくる。
頼んでないのに!

フロアや喫煙所の写真はどれも、真ん中にお客さん! みんな楽しんでます。



満員御礼とはいきませんが、Bush Chemistはやはり熱狂的人気。アンコール止まらなかったもん! ただ、ダンスの醍醐味ともいえる一体感はさびしめ。ステージとフロアとの段差なのか、音響のパワーなのか、地域性なのか。いや、そのぜんぶ? 本人たちも「フランスの地方でのライブは、ちと勝手がちがう」と語っていました。



トップバッターだったKanka+ベースのライブは、1曲終わるごとにパラパラ拍手がおこる…という異様なムード。かっこよかったのに! KankaはRas Dにちょっと似ている!
もちろん楽屋はべつで、両者の交流はありませんでしたの…ちょっとKankaとも話したかったな。



終演後は、教材に使うというインタビューの収録タイム。
b0172829_255891.jpg

「今日はどうでしたか?」という質問に対し、「サウンドシステムがイマイチすぎ!」と、Dougie氏一刀両断。CHAZBOが赤ちゃんになったり、Dougieがターミーネーターになったりして、大変なことがたくさん起きました(笑)。一生忘れられません(笑)
いいんですか!? こんなん教材にして!
b0172829_1283671.jpg

日食のような写真(笑)


Give Thanks and Maximum Respex
4 Bush Chemist,Youth,Jamal !!!!!




この夜は珍事件がいっぱいで、とても書ききれない、というか書けません(笑)



ただひとつ、この同じ夜に、LondonではTwinkle Brothersのライブが!
もう心が引き裂かれんばかりに、観たかった!
[PR]
by littleyu_like_mad | 2010-03-23 11:38 | SAINT BRIEUC(サンブリュー)

meets BUSH CHEMIST in St brieuc! 前編


なぜわざわざサン・ブリューまでやってきたって、BUSH CHEMISTと合流し、 おまけにKankaまで見ちゃうため! ぜったい行くでしょ!

この夜は、一生思い出にのこる、わたしとCHAZBO的ミラクルな一夜でした!

わたしの旅行中2ヵ月間で、かれらのショウは1回だけだったんです。夏まではさんざんヨーロッパ各地でぶちかましてたらしいのですが、King Generalのプロモーション行脚をまえに、ちょっと骨休め中だったらしい…。
b0172829_1658265.jpg
ツーリスト インフォメーションにもポスターがかかげてあって、びっくり。
オフィシャルイベントの様相です。


当日になってもちろん道に迷う。街ゆいいつのレコードショップDisk-o-Tekでたずねるも、スタッフの兄ちゃんはこの日のショウについて把握しておらず、BUSH CHEMISTのことすら知らなかった! 立派なドレッドのくせに!
b0172829_1762620.jpg
レゲエの音源はなく、D'm'BやBreak Beatsのレコード、ポイなんかも置いちゃったりするなんでもショップみたいです。にしてもしかし、観光案内所にポスターが貼ってあって、レコード屋はノータッチとは。ナゾは深まるばかり…!
ま、結局見知らぬおばちゃんに車で送ってもらいました。てへへ。

ヴェヌーはなんとも意外な。どこから見ても、こぎれいな公の施設。
b0172829_17145159.jpg
内部には体育館ほどのおおきさのステージ、ホールに加え、スタジオもあるんだよ。若い子が音楽を学んだり体験したりする施設らしい。

夕方到着すると、Kankaがすでにリハーサル中。
b0172829_025958.jpg

予定時間をとっくにすぎても現れないBUSH CHEMISTの面々を待ちつつ、Kankaのリハを独りじめ状態…うししし。ベーシストをともなってのライブなんですよ! ああ、いいなぁ! 弾きたいなぁ〜。


そしてそのころ、あの人たちは…。
こんな調子で空港からのいなか道を走っていたのでした。Gwaaaan! CHAZ!!!





Dougieの人力サイレンがうますぎる♪
[PR]
by littleyu_like_mad | 2010-03-22 17:32 | SAINT BRIEUC(サンブリュー)

つつましくサン・ブリュー

b0172829_15102843.jpgサン・ブリューで気になることといえば……
住民の年齢層ですかね。
ティーンエイジャーと中高年ばかり。
というか、20代30代がぜんぜんいないんです。勢いのある若者は出ていっちゃうんですかね。
ヤンキー風情もまったく見かけなかったな。
駅前道場も繁盛。さすが柔道大国!


b0172829_15161760.jpgフランスでジャパニーズアニメ&マンガは大流行。どんな田舎町にも大抵置いてる店があります!

リアルにイキガミ、聖星矢、上段右はCat's Eyeじゃない!? 悟空もフランス語なのかな?


b0172829_15182752.jpg


















そしてサン・ブリューでのわたしの生活といえば、地味そのもの。
ドミトリーはYouth Hostelのみ。中心地からちょっと離れた閑静で閑散とした住宅街にあるので、ものすごく静香です。
b0172829_15364943.jpg
ただのホステルというより、合宿所のように使われることがおおい複合施設みたい。広大な敷地に、宿泊棟や台所棟、テニスコートなんかも設けられてます。

b0172829_1544183.jpgオイルヒーターのおかげで朝晩ぬくぬく〜♡
4ベッドドミがシングル状態だったので、熟睡快眠でした。




メガネがキュートなフロントのお兄さんは、この街で貴重な英語スピーカー。いろいろと教えてくれて、いいヤツ!



b0172829_1552017.jpg食事はもちろん宿のキッチンで自炊! とはいえ、ビン詰めソースぶっかけパスタにチーズと菜っ葉……。情けないので写真なし。
Youthから徒歩5分のところに、ショッピングモールがあるので、買い出しはそこへ。外国のスーパーはやっぱり楽しくて、あっという間に時間がたつ!
野菜はセルフの量り売り。


おじさんの、ぷんすかぷんぷん! 的な表情にご注目。






b0172829_16181470.jpg本コーナーで発掘。
REGGAE VIBESNATTY DREAD
ちなみにここで初見(汗)。
Jhonny Clarke特集CDつきとは!
バックナンバーをチェックすると、Mighty diamondsやYabby U特集などなど……!
フランスの雑誌、
なかなかやるな…!







サン・ブリューはほんとに静かで人々がつつましく暮らしてる印象。じつは町を挙げてパフォーマンスや芝居、音楽を奨励していて、夏季にはフェスティバルが盛りあがるんだって。おそらく品行方正な内容だとは思うけど……。


Youth Hostel
Manoir de la Ville Guyomard à Saint-Brieuc
Gare SNCF(駅)からバス10番で、Fover des Villages下車徒歩2分
1ベッド1泊17.3ユーロ
[PR]
by littleyu_like_mad | 2010-03-22 16:32 | SAINT BRIEUC(サンブリュー)

こにゃにゃちはサン・ブリュー

ついに、ヨーロッパ大陸最後の目的地、Saint-Brieuc(サン・ブリュー)に到着! マルセイユからレンヌでTGV(フランス国鉄)を乗り継いで、半日以上はかかった! ブルターニュのいなか街です。

めっちゃ静香。ショッピングモールにH&Mが入っていたり、食品からおもちゃまでいろんなショップが建ち並ぶ目抜き通りがあったり。見るところといったら、街の中心にある小さな教会たちとコロンバージュ風のかわいい家並み、くらい。あとヨットハーバー?


b0172829_0324810.jpgサン・ブリューのシンボルである Cathédrale Saint-Étienne de Saint-Brieuc(サン・ブリュー 大聖堂)が建てられたのは、1852年。要塞としての役割もになっていたそうで、納得のどっしり感。周囲にもいくつか小さな教会が建っていて、プチ巡礼できができるとか。


b0172829_0424085.jpg外観は愛想がないけど、内部は素朴で重厚で繊細。ロマネスクとゴシックのミクスチャー。
教会美術ってすさまじい。思わず敬虔モードになってしまう、緻密な演出。当時の粋を集めて建設されたわけで、揺るぎなかった教会の力をビンビン感じさせられます。



ステンドグラスや祭壇、レリーフが豪奢だったわ!
舐めるように見てまわり、飽きるまでぼけーーーと過ごすのが好きです。
b0172829_0425181.jpg

教会周辺の家並み! 木造の漆喰づくりが、ポップで渋い色あいで◎。ガタガタに傾いているのがむしろ愛嬌!
b0172829_0375671.jpg
オレンジ系も目を引きます。ホテルとして営業している建物もあるので、1晩泊まってみたいなぁ。
b0172829_0475100.jpg


なにが悲しいって、ウワサ通りブルターニュ天気パッとしない凹!
ええい、気をとり直して海へ。

b0172829_1131533.jpgこの町はリアス式海岸(?)に面した山のうえにあって、谷間の河口がLe Légué portと呼ばれるヨットハーバーになっているのでした。
町からバスで20分。ぐねぐねぐねぐねした道をくだって、長い橋をわたって、ヨットの群れのなかへ。



シーズンオフゆえに、不安になるくらい人影がない!

b0172829_132144.jpg唯一営業していた、ハーバー脇のリストランテ・La Passerelleで、ごはん。店らしい店はここだけなので、すぐ目に飛びこんできます。自炊生活だったんで、おいしい手のこんだ食べものに飢えてました。
フライドマッシュポテトに、カレー風味のツナがはさんである。コーヒー付で10€。


お腹もふくれて、ちょっぴし青空も見えたし、いい気分。
VIVA無目的!







サン・ブリューの観光案内サイトはこちら

Cathédrale Saint-Etienne
Place Général De Gaulle 22000 Saint-Brieuc
拝観無料
※町の中心にある目抜き通りをうろうろしていれば、必ず出会います

☆Le Légué port
町で一番おおきなバスステーション、Gare Urbanieから20番のCollege lequier行きで約20分。Pont loirnant下車。
※リストランテもバス停付近にあります
[PR]
by littleyu_like_mad | 2010-03-22 01:50 | SAINT BRIEUC(サンブリュー)