ブログトップ

ゆりこのダブダブ道

yurikodub.exblog.jp

カテゴリ:BERLIN( 10 )

ベルリンのドミトリー


と、いうわけで、目にするものすべておもしろかったベルリンでありますが、特筆すべきポイントがもうひとつ〜!

宿がざくざく!
中級以上のホテルはもちろん、ドミトリーもすごい数です。時期によっては1泊1ベッド9ユーロ〜もあるんじゃないかな?

24時間レセプション。朝食つき、またはキッチンあり。セーフティボックスやランドリーもほとんどのホテルが備えています。


泊まったのはここ、City Hostel Berlin
6ベッドルームで1泊15ユーロ。
目抜き通りのFriedrichstraße(フリードリヒストラセ)までも徒歩3分と、ロケーションはやたら良好なのですが…、ぜんぜん快適じゃない。
なのに、パッキングが面倒くさいって理由で3泊もしてしまいました…。

田舎からやって来た若いドイツっ子と各国の観光客で、とにかくさわがしい(笑)。同室のスパニッシュが、朝まで枕元で酒盛りバビロン! そしてボディーブローのようにじわじわダメージを喰らわすのが、Wi-Fi 環境のダメダメさ。ロビーでないと使えないうえ、2日に1度は落ちます。フロントもなにもかも容赦なく、朝までストライキ。
ベルリンはまだネット快適指数低めかな?

ゆいいつの魅力は朝ごはんよ。毎朝ここぞとばかりに食べ溜め!
b0172829_20485213.jpg



おすすめの宿はこちら、36 Rooms Hostelです。
美術館で仲よくなったORIO君に招待いただいて、手づくりディナーをごちそうになりにお邪魔しました。
若人が多いこのエリアに位置し、各国の若いバックパッカーが多いです。古い建物をリノベーションしているので、落ちつく雰囲気。食事はつかないけど、キッチンで自炊ができます。Wi-Fiも全館飛んでいるようす。

なぜか部屋に標識が。オージーたち興味しんしんで記念撮影!
b0172829_21484264.jpg

明るいとこんな感じらしい。ホンマかしら?
b0172829_2226402.jpg




利用しませんでしたが、気になるのはHELTER SKELTER HOSTEL
各部屋壁がヴラフィティやポウターでゴテゴテなんだって!だれか泊まってみて!
b0172829_2218332.jpg





最後にひとつ…ベルリンで宿を決めるさいはWi-Fi 環境をしつこくチェックすべし!
あと、朝ごはんに期待!!

.
[PR]
by littleyu_like_mad | 2010-02-24 23:03 | BERLIN

モノクロのベルリン

Helmut Newton Foundation(ヘルムート ニュートン ファウンデーション)

オレ的ニュートンのイメージはこれ。
b0172829_1610368.jpg

b0172829_2282989.jpg
いちおう写真でも見とくか、くらいのノリで足をはこんだら、思った以上に引きこまれてしまったのがここ。世界中のセレブリティを虜にし、VOGUEの表紙も撮り放題の超有名写真家の美術館。

愛用していたカメラや撮影小道具、私室の再現などがあり、撮影風景のビデオもおもしろい。2階は壁一面に作品が散りばめられております。









陰がつくる黒が印象的で、エロい。フルスロットルのフェティシズムの前に、立ちつくすしかない感じ。そして、風刺というか暗喩というか、そういうものが秘められた写真が多いと感じました!
ところどころまざっているセレブのポートレイトを探すのも、おもしろさのひとつです。Karl Lagerfeldのすっごい若い写真を見つけたり、こんなシュルレアリストの晩年の姿も発見しました。長生き〜!
b0172829_2373691.jpg



Memorial and Museum Sachsenhausen(ザクセンハイゼン強制収容所記念博物館)

ドイツを訪れたら、この手ははずせない! 本当にたくさんの博物館や資料館、収容施設跡地などが公開されております。しかも、きっちりマイナーチェンジして、歴史を風化させぬよう努力してる印象。

なかよくなった子にすすめられて、ベルリン中心からオーバーグラウンドで約1時間。ナチス強制収容所跡地へ出かけてみました。雨だし。どよーん。
b0172829_501421.jpg

ここの敷地はでかい三角形をしていて、周囲には高い塀や見張り台が今も残されてます。

b0172829_564855.jpg

塀に設置していた高圧の有刺鉄線。逃げようとすると、これにビリビリやられるか、見張り台から機関銃で蜂の巣にされるんだわ! もう、はじめっからおぞましい空気でいっぱい。

最終的には約4万7000人、のべ20万人以上が閉じ込められていた。

重い労働が荷せられ、時には偽札作りやスパイ活動までさせられてたらしい。

ほかには遺体焼却炉や銃殺スペース、液体ガスの人体実験を行っていたという部屋も…。どんどんブルーになります。



鬼畜! なにをどうしたら、こんなことする風潮になるんか? 現実とかけはなれているので、容易にはいきませんが、想像力をふくらませて考えながら見てまわりました。
そして、ハタと思う! こういうことは世界中で終わっていない気が! 広島、長崎にも一度訪れないといけないな、と思いました。
そして、敷地を出るなり道に迷いました。じぇんじぇん人いない! 裏門からふらふら外に出ないように〜。



Helmut Newton Foundation
Jebens Str. 2 D,10623
10:00〜18:00(木曜は〜22:00) 月曜休館
大人入館料8ユーロ
※木曜の18:00〜22:00は入館無料!

Memorial and Museum Sachsenhausen
Straße der Nationen 22 D,16515 Oranienburg
8:30〜16:30(5月15日〜10月14日までは〜18:00)
入場無料(パンフレット4ユーロ)
※Sバーン1ライン終点のOranienburg駅からバス804番で20分
[PR]
by littleyu_like_mad | 2010-02-10 16:36 | BERLIN

ベルリンでクラフト&楽器祭


何度もいいますが、ベルリンはとてつもなくミュージアムやギャラリーが面白かった。
1週間弱の滞在では1/10も見れてないであろう……。底なし沼か!
ミュージアム共通パスが何種類もあるから、ツーリストインフォメーションでチェック!!


b0172829_203653.jpg

ロンドンのそれとも違う、重い歴史とポップさ(ドイツのプロダクトデザインがかもすあの感じ)。ちょっとさかのぼると、カリグラフィーはめちゃんこカッコいいし、プロパガンダなどのポスターもやばいことになっています。
German Historical Museum‎(ドイツ歴史博物館)より。




思惑を探ろうとしちゃうから、小規模な現代アートは続くと疲れる! ベルリンではオーセンティックな美術館・博物館のほうが、かえって刺激になりました。
印象にこのっているものを、いくつか。



Kunstgewerbemuseum(美術工芸博物館)

b0172829_2572536.jpg物量がヤバい。
王家のコレクションを大放出中なり! あらゆる凝りに凝ったガラスやらセラミックやら調度品やらが、ズラ〜と並んでいます。なんと13世紀モノまで。
18世紀のマイセンなんて、すごい規模と精度。どの国も、貴族はハンパなくいいもの使ってたんですね!

ドイツの美術館は、建築自体がおもしろい構造になっているので、足を踏みいれただけでワクワク。自然光が心地よい。

「も〜、何百年もここにしがみついとくの、しんどいわ!」
いまいちここのすごさが伝わらない写真チョイスですいません。
b0172829_2583719.jpg

いきなり近・現代のプロダクトが大挙してくるフロア。
b0172829_352522.jpg



Musikinstrumenten Museum(楽器博物館)

b0172829_14404583.jpgベルリンフィルのホールに隣接し、プロの演奏家にも人気(?)のこちら。浜松市楽器博物館のほうがすごいって説もありますが、豪奢な時代楽器群と、開放感あるモダンな建築とがあいまってなかなか居心地のよい空間です。ガラ空き。

b0172829_14333239.jpg木管、金管、鍵盤、弦、打楽器なんでもござれですが、特にピアノやチェンバロが充実。
高貴な婦女子のたしなみたっだんですね。やたら手がこんでいてラブリー。むしろ工芸品として超一流。
鍵盤の下の引き出しに、裁縫道具がしまえるチェンバロまでありました。

b0172829_1521419.jpg珍獣で仕立てたバグパイプやアルマジロ(?)の弦楽器など、ふざけたコレクションも見ごたえあり。
鍵盤ひとつであらゆる楽器の音が鳴らせ、ひとりオーケストラできちゃう巨大オルガン(?)のバカバカしさといったら。
あと、意外に勉強になったのは、グランドピアノ大解剖コーナーです。すべてのパーツと、それを作る道具や行程などが展示解説されております。


こちらは初期のシンセサイザー。つまみがかっこいい!
b0172829_14561067.jpg




この工芸博物館と楽器美術館は、ティーアガルテン地区にある文化フォーラム (Kulturforum)の一部。ベルリンフィルハーモニーを中心とした、ミュージアム集合体ってとこでしょうか。ほかにも絵画美術館や芸術図書館があって、あっという間に足が棒になるほど見どころ満載。へんてこな建築がうまいこと組みあわさたランドスケープ。角度によってちがう表情をみせます。
b0172829_15274617.jpg





Kunstgewerbemuseum
Herbert-von-Karajan-Straße 10,10785
10:00〜18:00(土・日曜は11:00〜) 月曜休館
大人入館料8ユーロ

Musikinstrumenten Museum
Tiergartenstr. 1, (Eingang Ben-Gurion-Straße)10785
9:00〜17:00(土・日曜は10:00〜) 月曜休館
大人入館料4ユーロ

Write about craft and musical instruments museum in Berlin.
[PR]
by littleyu_like_mad | 2010-02-04 15:40 | BERLIN

Berlin Wallでたそがれて


それは黄昏どき。かの有名なベルリンの壁を見に出かけました。
ブラウン管の向こうで繰り広げられていた、あの光景はもちろん跡形もなく。現在は世界各国およそ100人のアーティストの作品が、1.3kmの塀というオープンギャラリーに、お行儀よくならんでおります。その名もBerlin Wall East Side Gallery
b0172829_0372242.jpg
b0172829_0374954.jpg

実は横でカメラがまわっているので、はりきって描くおじさん。
b0172829_0411661.jpg

どうも、行儀がよすぎて。どれもいまいち面白くなかったです(笑)


壁は川にそって立っているので、お散歩にはいい感じ。ひとつの最寄り駅・Ostbahnhof(オストバナーホフ)寄りの壁の終わりには、YAAMがあるし、もう一方の終わりに架かる橋を渡れば、ゴリッツァー公園まで徒歩圏内。ここらへんは遊べます。
b0172829_0545388.jpg



そや、忘れてたわ。黄昏れたらアカン。逆光やねん。
朝に訪れれば、ばっちし順光で壁画が拝めるんじゃないかとふんでおります。


Berlin Wall East Side Gallery
終日オープン 無料
※SバーンOstbahnhof駅から徒歩5分
[PR]
by littleyu_like_mad | 2010-02-04 01:00 | BERLIN

ベルリン珍景@ミュージアム

とにかく美術館や博物館、有名無名のギャラリーの宝庫である、ベルリン。
どこを見ても、だれもが興味をそそられるようなキュレーションをしているし、
見せかたもありがち一辺倒ではなく、楽しめるものばかり。
大きな博物館や美術館であるほど、そういう努力をおこたってない印象でした。

中心地には、5つの博物館で構成されるmuseumsinsel(博物館島)なるものが。
なにしろ世界遺産やから! 壮大な規模です。
写真はさきっちょだけ。
b0172829_17305353.jpg


各館には移築した古代遺跡から19世紀美術まで、6000年もの文化証拠がぎっしり。
ドイツ語さっぱりなので、キャプション理解不能なのが悲しかったけど……、それでも度ギモを抜かれるようなおもしろいものばっかりでした。大英博物館に勝るともおとらない、あっぱれの実力!


そのなかのひとつ、Altes Museumは特にお気に入りに。こちら、博物館島の5館のなかではダントツにモダンな展示をしています。
2階からエントランスを見わたして……。
b0172829_17353797.jpg


しかもここは、よお〜く見ると、秘宝がめじろ押し!
見逃してしまいそうな、手のひらサイズの結合レリーフ。
外ではクレーンを使っての改修工事中です。
b0172829_16491162.jpg

紀元前5〜3世紀後半までさかんに作られていた、赤像式陶器とやら。
この手の壷はいーっぱい並んでいて、凝りまくった絵付けと造形が圧巻!
悪魔? 精霊? こんな生き物がよく登場するのですが、股間に釘づけです。
b0172829_1650285.jpg

モチーフはギリシア神話だと思うのですが、やたら股間をプッシュしてきます。ご立派!
b0172829_1651432.jpg

一転、彫刻となると、のきなみ皮が…(笑)。なんでだろ?
b0172829_16504345.jpg



古代の人の身体観をかいま見て、親近感をおぼえました。




Altes Museum
Am Lustgarten 1,10178
10:00〜18:00(火曜は〜22:00)
大人入館料8ユーロ
※観光案内所などで、5館共通パスなど各種販売


Write about museum in Berlin.I found some erotic.They were made in B.C..But we fell sense of intimacy.
[PR]
by littleyu_like_mad | 2010-01-29 19:46 | BERLIN

ベルリンDEあそべるとこ2



散歩の途中で出くわして、魚ーっとしたわい!


外観はパッと見、学校かなにかかしら? この重厚なレンガ造り。
でもなんだか怪しいオーラが出ているわん…。
b0172829_247835.jpg

おそろそるファサードをくぐると、でかい鉄のオブジェがぼこぼこずどんずどん設置された広場。廃材や粗大ゴミ、廃車なんかでできたカフェやバースペースもぎっちり並んでます。鉄製でお手製のドネーションボックスもちらりほらり。観光客もおおいけど、夜ダンスをやったら最高だろうな〜!
b0172829_2482344.jpg

b0172829_313541.jpg
b0172829_2485758.jpg


そして建てもののなかは、気も狂わんばかりにペイント一色!
天井まですき間なくびっちり!! ずっとかこまれていると、クラクラするぜ!
b0172829_2495813.jpg

b0172829_2502790.jpg
b0172829_2504582.jpg

各部屋はギャラリーやショップになっています。ワークショップやパフォーマンス、イベントがめじろ押しっぽい。そうそう、とある一室に入ったところ、渡辺えりさんに遭遇しました。ベルリンに来て、2人めの日本人す。プライベートで演劇をみにきたんですって、勉強熱心!

いま書きながら調べてみたら、ここの正体は
Tacheles(タヒェレス)というところ。
アトリエやギャラリーとして使われている、アーティストのための集合施設らしい。
建物の歴史もなかなか本気で、世界初のテレビ中継がなされたり、ナチスに選挙されたりとめまぐるしい! いよいよ解体されそうになったとき、芸術家のグループが占拠して生きながらえ、いまにいたるとか。残念ながら、現在ははっきしいって観光地ですけどねー。そんな一部始終をみてきた生き証人らしい、異種独特なムードがたちこめています。


そもそも、Tachelesから歩いて5分ほどの場所にある、O.F.Tという古着屋さんへいこうとして発見。シューズ類はサイズ豊富で、どのアイテムもコンディションも上々♪ 衣類から小物まですごい物量だけど、男女ともにヴィンテージから近年のデザイナーズまで、セレクトのクオリティ高し! おねえ(ば?)ちゃんはこわもてだけど、親切です。
b0172829_2544827.jpg




Tacheles
arthouse tacheles oranienburgerstr 54-56a,10117
※プログラムはサイトをチェック(ドイツ語のみ涙)

O.F.T
Chausseestrasse 131b,10117
13:00〜20:00(土曜は〜18:00) 日曜定休


I found cool spot in Berlin.There is Atelier gallery for artist,and historical place.But now It became touristic...
[PR]
by littleyu_like_mad | 2010-01-22 03:00 | BERLIN

ベルリンのグラフィティ集



ヨーロッパでは、どんな田舎に向かっていても、まっさきに出迎えてくれるのはグラフィティ。車窓からスプレーで書きなぐられたつたないタギングを見つけると、「そろそろ街に着くな」って思います。そんなグラフィティ大陸の象徴とおもわれるのが、この街や! ちょっと考えられないくらいの規模の作品たちなので、グラフィティ=“らくがき”って概念はどこへやら、吹っ飛んでしまいました。

細部までよぉ見たってや、よくやったよね(涙)
b0172829_213324.jpg

サッカーモチーフも多い。サッカーしてる人も多い。
b0172829_214454.jpg

ど根性! 上部に写ってるクレーンに乗って!? それとも船で!?
b0172829_2142256.jpg

Kottbusser Tor駅ちかく。
b0172829_214555.jpg

ドイツ人。身なりは地味で質実剛健っておももちなのに、この表現することへの執念はすごい。政治に翻弄されることでたまったうっぷんを、瞬発的に噴霧させて描き散らかしてます。批判精神やパロディ精神が、思わぬところからカッコいいデザインで目に飛びこんできたら、ドキーッとするもの。

「時間にしばられ、うわっつらの人間関係を営んでないかい!?」
b0172829_2152163.jpg

目印はペイント! なお店もたくさん。
b0172829_2154083.jpg

ぬっっとして、ぎょっっ。黄疸でてますけど…。
b0172829_216752.jpg



Graffiti in Berlin!! Too big!
[PR]
by littleyu_like_mad | 2010-01-22 02:26 | BERLIN

ベルリンDEあそべるところ1

ベルリンの中心地、ミッテ地区よりすこし南西に位置するKREUZBERG(クロイツベルグ)地区。かの有名なベルリンの壁跡は徒歩圏内、移民やパンクスが住みついて以前は治安がよくなかったそう。ヨーロッパで移民の街といえば、ターキッシュタウン。ご多分にもれず、このエリアもトルコ人&ケバブ屋が目立ちます。
どの国でも若者が集まってくるのは、たいていターキッシュタウンや黒人街。

ポッシュな場所に、血がおどるようなワクワクなし。
それがヨーロッパを旅して実感したことです。


クロイツベルグ地区のなかでも、
Uバーン1のKottbusser tor(コットプーサー トール)駅や、GörlitzerBhf(ゴリッツァ バーナーホフ)駅の周辺はケバブ屋のにおいも香ばしく、ヤングがあつまるエリア。
b0172829_1405518.jpg


ぶらぶら歩けば、チャリ屋やカフェ、雑貨屋、古着屋、レコード屋。よりみちスポットがつぎつぎと登場。いわば下町なのでまだまだまだ古い建物が多く、ツタをかきわけてレンガの壁にもグラフィティが描き散らかされております。
b0172829_1415322.jpg


なにかおもしろいことを探しているなら、Görlitzer Park (ゴリッツァ公園)へ!
b0172829_1461591.jpg

東西分断以前は主要な駅として使われていたので、いまなお線路や地下道のざんがいが残っています。小川あり橋ありサッカーコートありで大充実ながら、広大なので開放感はあり。ベルリンパンクスたちが黒い犬をつれてピクニックしていたり、ターキッシュの親子がはしゃぎまわっていたり、黒人がたむろしていたりと、庶民のオアシスです。(ロンドンのおしゃれパンクスと違って、ベルリンパンクスはいかちい)

b0172829_2315195.jpgチルアウトムードなのに、どちらかというとほのぼの感はなく、こうばしいです(笑)
←「これはボクの彼女、マイケルジャクソンさ!! あははー、あはははーっ」と絶叫しながら走りまわるやから。







公園のまわりにはカフェもたくさん。
b0172829_1563081.jpg

めちゃんこに描き散らかされた外壁がひときわ目をひくdes edelweissでお茶をば。
真っ赤な内壁にもいちめんイラストがほどこされ、キャンドルスタンドからトイレのドアまでみっちり手が加えられてます。ジャズセッションのイベントもあるとか。

レコード界の総本山・HARD WAXもすぐ近くなので、しっかり詣でさせていただき、晩ごはんはベジタリアンファストフードをYellow Sunshineでがっつり。このお店のスタイルには目からウロコがぽろり!
メニューは一見ありがちなバーガーショップさながらですが、そのすべてがベジタリアンorヴィーガン仕様。もちろん肉は使っていないし、なんならデザートに卵も乳すら入ってない。本日のスープセット3.6ユーロ。お味もボリュームも大満足でした。わたしは肉食べますが、こうやって選択できるのはうれしいかぎり。
b0172829_2273210.jpg




★Görlitzer Park
Uバーン1のGörlitzerBhf駅目の前に入り口が

des edelweiss
Görlitzerstr 1-3,10997 (Görlitzer Park内)
11:00〜最後の客が帰るまで(!)

HARD WAX
Paul-Lincke Ufer 44a,10999
12:00〜20:00 日曜定休

Yellow Sunshine
Wienerstr.19. 10999 Berlin
12:00 〜 24:00(金・土曜は〜翌1:00)


KREUZBERG is turkish town.There are lot of Kebab shop and cool shops.Especially,I like Görlitzer Park.Black people and Punks hang around in there. Very nice chill mood.Man who ride a bike shouted'She is my girlfriend,Her name is Michael Jackson!!'
[PR]
by littleyu_like_mad | 2010-01-22 02:07 | BERLIN

ベルリンDEケンタロー


ベルリンで夜遊び…。できてよかった。

ベルリン徘徊の〆に老舗レコードショップ・HARD WAXへ。この店といったらBasic Channel!! 去年はかなりお世話になりました、Basic Replayに。数年前に移転したらしく、現在は川のほとりのファサードをくぐった奥。訪れる人の多さを語るように、とびらはステッカー地獄です。
b0172829_1143692.jpg

店内は試聴台もいっぱいあってにぎわっとりました。店頭のレゲエは意外にちょっとだけ。帰ってきてから…Brial Mixのよさを知ったもので悔やまれます(涙)。↓画像はHPより
b0172829_1164382.jpg


帰りぎわにフライヤーコーナーをチェックしたら…おや、KENTAROの文字が! し、しかもThu,29,Sep!今日だし、木曜!泊まってる宿からUバーン(地下鉄)の2ラインで1本のとこだし(地下鉄にそってナイトバスが走っていることをつきとめてたからね!)!明日出発だけど、遊びにいっちゃうよ! 金曜の夕方にフランスへ出発だったからイベントはあきらめてたので、うれしかった。

でもなぜ木曜日のベルリンでNinja Tune Night? たぶん地元のレコード屋さんがKENTAROみたさに、彼のヨーロッパツアーに組みこんで呼んだんだと思います。

目的地のICONというハコの最寄り駅、Eberswalder Str.(エバースヴァルデア シュトラーセ)駅に到着。おおきなショッピングセンターや若干の古着屋があって、わかい夫婦とベビーがおおい街。

ハコの周辺は、今回ももれなくまっ暗闇。ひと気もおまへんな…。迷いながらもなんとかたどり着いたICONは、キャパ300弱くらいかな、ソファもふんだんにあり、雰囲気もいい感じ。ただ、地上出ないとタバコがすえませんが。21時じゃまだお客もまばらなので、とりあえず踊るしかない! まずはMark HypeのDJで準備運動です。

0時前に登板したKENTAROは、ベルリンっ子たちにも当然大人気。「キンタロー!」の声援がとぶとぶ。大半の人はKENTAROの超絶なコスリっぷりに終始あんぐり状態でした。「日本人やばいね」って話しかけられたりします。
KENTAROのコスリでぐにゃぐにゃになってる巨漢。ばつぐんに踊りがかっこいい。どこいっても、いい歳して腰パンで激踊りしてる大人はいるものですなー。
b0172829_120572.jpg

このハコ、ダブはけっこういいイベントやってます。ドイツにもいい音がいっぱいだし、BENGAあたりもきてるみたい。
b0172829_1214964.jpg





はなしはかわって、ベルリンのレゲエ事情はというと…。やはり主流はダンスホール。あとはダブステップでルーツレゲエは絶滅寸前。ただ1ヵ所、ぜひぜひ遊びに出かけてほしい場所を発見しました。おお、だれか私の代わりにYAAMへいってみて! East side Galleryのはじっこにあります。レゲエのイベントをメインにやっていて、なんといってもロケーションが最高!! リバーサイドに砂浜とティピがあって…♪ 平日は営業していないらしく、閉まっておりました…。
b0172829_1224191.jpg

中はこんな感じらしいぃいいいぃぃぃぃ!
b0172829_17275443.jpg


DUB ACADEMYなる、システムを入れたイベントもやってる様子。ヨーロッパには、DUB SCHOOLとかUNIVERCITY OF DUBとか DUB ACADEMYとか、ダブを教えてくれる名門校がいっぱいや〜!
King David SoundsystemI-Revelation High-Power Soundsystemらがスピーカーを出しているよう。

あとはブラジリアンナイトだとか、ソカなんかでも踊れる日があるはず。
おおお、気になる!!


ICON
Cantianstr 15 (Ecke Milastr. 4),10437
※Uバーン2ラインの Eberswalder Str.駅から徒歩5分、Sバーン Schönhauser Allee駅から徒歩10分

YAAM
Stralauer Allee 35,10245
※Uバーン2ラインの Schönhauser Alleer駅から徒歩7、8分


I went to dance on Thursday.It was KENTARO euro tour.And do u know YAAM?Dance of roots soundsystem is held there.I really interested in...
[PR]
by littleyu_like_mad | 2010-01-22 01:29 | BERLIN

ゆりこinベルリン



ロンドンを出て、アムスに4日間。
ベルリンへは列車でやってきて、3日目です。
列車移動だいすき!ほぼ寝てるけど…。
空気いれるまくらを導入したもので、どこでも寝心地X-GUNです。


アムスでは得意のB級観光スポット中心にマン喫しました!
b0172829_6114431.jpg


ベルリンやばいです。
見るべきもの山づみ。遊ぶべきところも多そうです。
が、いかんせんドイツ語ばっかりは理解不能!ガフガフリヒリヒ。
b0172829_619341.jpg


明後日には夜行でパリに移動。
ベルリンで週末をすごせないのは失敗でした!!!!
夜遊びもマーケットもたのしめないいい!



当然かなりの珍道中ぶりなのですが、書く時間がないよ~。



フランスではちょっと田舎のほうに行こうかなぁ。
都会ちかれた。
[PR]
by littleyu_like_mad | 2009-10-01 06:30 | BERLIN