ブログトップ

ゆりこのダブダブ道

yurikodub.exblog.jp

<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Channel One meets Rootical@Grand Junction Arms


Channel One Soundsystem meets Rootical@Grand Junction Arms
19th Sep 2009

今回はChannel Oneの巻!

白人オーガナイズ集団・ROOTIKAL。
システムやらセレクタやら多彩なゲストを迎え、ひんぱんにイベント打ってます。レジデンスセレクタは、ハンチングかぶって「Yehyeh!」って言いながらロックステディーをかるおじいちゃん・David Rodigan氏であります。9月には来日してたみたいね。

そのROOTIKALがChannelOneのサウンドシステムを迎えて。


さてさて場所は…North Actonて、どこやねん?? 聞いたことないけど気にしなーい! 住所をメモり、駅からの道のりをGoogle mapで念写(うろ覚え)してお出かけです。

チューブを降りてもひとっ子ひとりいませんが、くじけません。むしろ人がたむろしているほうが何倍も嫌ですね、この場合。地元の人に道を尋ね、道中で出あったラスタマンにくっついてヴェヌーへ。

もうね、ラスタマンに遭遇したあたりからいい音してたの。でね! ここがね! 屋外!! 
こちらは拾ってきた昼の様子。
b0172829_1559100.jpg


目の前に運河が流れ、水辺でチルアウトできるという…最高のロケーション。館内全面が敷かれたロンドンでは、みんな会場の中と外を往復するのが忙しいんです。それもまた楽しですが、ここなら終始音に包まれてリラックスできちゃう!

ドラム缶のなかではジャークチキンもジュージュー。

Channel Oneはいつ行ってもアットホームな雰囲気なので、CHAZBOも「一番安心して楽しめるサウンドシステム」と太鼓判です。

夢のようなロケーションのなか、もちろん最後までがん踊り。で、気づけば4時ですねん。半端な時間やー(泣)。あと1時間くらい、始発までどうしてサービスしてくれへんのー(号泣)

なんて泣いてても仕方ないので、とっととバス停を探しに深夜の街へ。その場にいた人たちと連れだってぶらぶらと。

サウンドシステム漬けの生活を送るためにポルトガルから出てきたばかりのマルセイロと、ROOTIKALの若手セレクターでイタリア人のFasoくん。いっしょに鼻唄を歌ったり、お菓子をシェアしたりしながら帰路をともに。この2人とは何度もいっしょにダンスを楽しんだよ。


そして最後に。
会場からフラット近くのバス停までずっといっしょだった、全身まっ黒づくめのおじさん。じろじろにらんでくるので、ニカ〜!! っと笑い返してみたら会話が始まりました。日本から来たこと、サウンドシステムが大好きなことなどを伝えたところ…、「じゃあわしのシステム来ないとダメだな!」とのおしかりが。

その名は「JAH SHAKA!!!!」だそうです。

どひゃー、先週SHAKAのダンス行ったばっかだよー!

「Hi is king!!! Jha Rastafar I!!! お前のことがなかなか気に入ったから、わしがブライトンでやってるダンスに招待しよう」

ひゃー、うれしいけどめちゃ遠いし(涙)その日イギリスにいないし!



残念な感じでお別れし、おじさんはDalstonのオフライセンスに消えてゆきました。
SHAKAのクルーだったのかなぁ!


The Grand Junction Arms
チューブCentral LineのNorth Acton駅から徒歩15分
オーバーレイルHarlesden駅から徒歩5分
この日のエントランスは10£(?)
[PR]
by littleyu_like_mad | 2009-09-21 01:04 | LONDONのDANCE

JAH SHAKA@The Dome


JAH SHAKA@The Dome 12th Sep 2009


b0172829_0462346.jpg

JAH SHAKAのダンスは、もしあったらラッキーくらいに思っていたもので
フライヤーを発見した時は、思わずワナワナしちまいました。
マーリンちゃんはこのフライヤーを見て、会場は船だと思っていたらしい。

DMCファイナル観戦からマーリンちゃんと同行し、現地でCHAZBOと合流。
ZONE2なので楽勝です。


デカいタム、黒×白×緑のマリーナに柄シャツ姿。
古ぼけた旅行用のボストンバッグやダンボールに詰まったレコードを足もとにならべ、
もくもくとセレクトを執りおこなっておられました。

はじめはサイレンもマイクもなし。
最後までそーんな派手なパフォーマンスはなかったです。
粛々とJAHと対話してる感じ?日本での動きっぷりは演出ですね。
70〜90’のSHAKAのダンスを知るラスタたちは、みな口ぐちに言います。
「むかしは本当にクレイジーだったんだ!(サイレンやディレイの口マネをしながら)」

もちろんシステムはいい音してました!
4ウェイが4山(だったかな?)
驚愕の音のデカさ!!というんじゃなく、ヴィンテージ機材のいい音。
(とはいえ、近年はデジタルも取り入れているようですが)
CHAZBOの曲やmakikoのピアニカがかかった時は、
CHAZBOと目をあわせて4白眼でうなづきあいまくりでした。

そして、ちょっとエントランスフィーが高いよね、SHAKAは。
相場が5〜10£なのにたいして18£だからね。
そのせいか超満員!というわけではありませんでした。
別の場所ではzion trainやKing EarthquakeのDUBCLUBもやっていたし。

YOUNG WARRIORは物販手伝ってました。

いま、SHAKAのクルーにも2世が登板しつつあるんだって。
お父さんがサウンドシステムの運営をやっていて、自然と息子に受け継いだんだろうね。
Abaの息子もカーニバルではレコードかけたりしていたし、
YOUNG WARRIORはJOE ARIWAとアルバム作ってるし。
世襲が必ずしもよいとはいわないけど、着々と、目にみえて歴史が継承されてます。


12th Sep '09 @The Dome!
ラスト。電気つけられちゃって、セキュリティもSHAKAの前で仁王だち。
CHAZBOの奥にいる黒い皮のタムのひとが、この旅中の最注目人物です(笑)


90's!


80's!


70's!この動画にわたしの好きな要素すべてが♥
Slave Driver…♥




JAH SHAKA OFFICIAL Myspace
ダンスの情報もチェックできます。レゲエに興味があって渡英するならぜひに!

The Dome
チューブNorthern lineのTufnell Park駅から徒歩3分
この日のエントランスは18£(前売り14£)
[PR]
by littleyu_like_mad | 2009-09-14 00:29 | LONDONのDANCE

エンジョイロンドン記

日記かくひまなかとよ!
ここのところは天気も安定し、毎日絶好調です!


★マーリンちゃんに再会★
近所でabaがDJするイベントに顔を出したら、
スピーカーの前に見おぼえあるパツキンの子が…。
わすれるわけない、soundchannelでの雄たけび!

ギャラリー行ったり徘徊したりごはん食べたりしてますが
気のあいかたがハンパなく、ほんとに楽しいです♪
どこでも2人してゲタゲタ笑いころげてます。会えてよかった~!!
b0172829_20291998.jpg



★なにかと賑やかなフラット★
最近たまり場化していて、なにかと人が多いです。
ゲイのフォトグラファーに「1晩付きあったらVOGUE ITALYのストーリーやらせる」
って誘われたらどうするのか、ケツ出せるのか、真剣に話しあってます。
たしかに、いずれ直面するかもしれない深刻な問題です。




★ロンドンの週末★

毎週末あちこちでおもしろそうなイベント、ダンスが目白押しです。
体はひとつやー!

先週末は、フライヤーに踊る「A&Ω」の文字を発見し、郊外まででかけました。
ハコには60人くらいのインド系ブラックの男性群と、女子3人…。
アジア人はことさら珍しいらしく、好奇の目にさらされまくりです。
しかも…、A&Ω違いでしたから!!!!!!!
地元サウンドのクラッシュで、クリスティーンとか関係ないの(笑)
b0172829_21125765.jpg

いい音してたけど、おちおち踊ってもられないのでナイトバスで帰宅しました。


★ヴィンテージやばすすす★

マーケットやショップはもちろん、郊外のアンティークフェアにも足を延ばします。
瞳孔がん開き!!
何時間でも見てられます。
b0172829_2059550.jpg

アクセサリー類、テキスタイル類はちろん,家具とか剥製、なんだかわからないものまで。
(服は所詮サイズがないので見る気がおきましぇん)

買えなくとも有意義すぎる時間!!
買うときはざんざん迷って値切りたおす!


 
★絶賛アート鑑賞中!

こんなにアート見るのが愉しいのは子どものころ以来。
中高大と、ずっと絵を描いたり染色をやっていたりしたので、
アマノジャクになっていたのかもしれない。

大きい美術館や小さいギャラリーが星の数ほどあって軒なみタダ。
すごいパワーをもらいます。




ENJOY MYSeeeeeeeeeLF
b0172829_2023685.jpg

[PR]
by littleyu_like_mad | 2009-09-12 21:27 | LONDON

notting hill carnival


Notting HillHill Carnival 30,31th Aug 2009

さむいっ!!! 1週間でがくっと寒くなりました。緊急にアウターを買わねばならない状況なのに…いけどもいけどもH&Mみたいなペラい服の店ばっかです。ロンドンプチプラ地獄!! そうこうしてるあいだに風邪ひくっ。

ソウルで激安で買ったワンピ、こっちで2倍の値段で発見。トンデムン圧勝せよ!


カーニバル満喫しました。ひとひとひとひとゴミと、ゴミゴミゴミゴミの山。
あと爆音!!
あれ住宅街でやってるってすごい…!日本じゃ考えられないです。


カリブ系ダンスミュージックのサウンドシステムと、思い思いに店さきで出してるスピーカーにより、街は爆音地獄。レゲエではCHANNEL ONE、KING TUBB'S、STUDIO ONE、JAH OBSERVERなんかが出てたみたい。毎年恒例ですかね。

ですが、2日間ずっとabaんとこいました。
abaんとこだけ遠いから、1回行ったら戻れないんだもん…。

レコーダーを持参したのだけど、abaの音はどこの場所でレベル最小にしてもぶりっぶりにしか録れません。スピーカーの前で録ってみたら、低音域がでかすぎて歌声もハイハットもかき消されてたよ。

よくyoutubeに映ってるドレッドの息子も、もちろんずーっと踊ってました。「そこいらへんの箱からあのレコードだして~」とか「オレンジジュース買ってきて~」とか、お父ちゃんのお手伝いをよくしてました。尊敬してるんだろうな。

この子は弟みたい!初日はずっと父ちゃんの足もとでクルクルぴょんぴょん。
b0172829_8185157.jpg

その様子をクルーの面々やblood shantiがほほえみながら見守ってて。ブースのまわりはすごくアットホームなムード♪(このオレンジの服のクルーが強烈でさ、終始釘づけ!)

2日目のほうが人も多くて、abaもアッパー。強烈!! 山ほどあるサウンドシステムのなかでもかなりの人気でしたね。踊った踊った!!

屋根の上にあがってくつろぐ輩を、Aba本人がマイクを通して「Mr.Roooof man! Pleease get doooown!!」とたしなめる場面や、「オレにも歌わせんかいゴルぁ!!!!!」とねじこんできたピチピチの若者とAbaが話しをつけたり。ハプニングもありましたが、基本的には終始ピースムードでした。



おまけ。マイキー先生。
b0172829_8281846.jpg

と、そのスピーカーの前で幸せそうにハタをぶんぶんする人。この人とは旅の後半、なかよしになりました(笑)
b0172829_8295758.jpg

かわいすぎるパレードっ娘たち!
b0172829_8304596.jpg




ぜんぶの音が止まったあと、疲れきって街はずれを歩いていたら、自宅の前にスピーカーを出してラバーズをかけてる男の子たちがいました。心臓のあたりのシャツを握りしめて熱唱。好きな女の子でも想っていたのでしょうか。ちらほら踊ってる中年のカップルもいて、その景色がすごくきれいだったのね。





Nottinghill Carnival
8月最後の日曜と、その翌日のバンクホリデー
10:00〜19:00(パレードは〜21:00)
※Notting Hill Gate、Ladbroke Grove、 Westbourne Parkなどが最寄り駅だけど、周辺の駅は軒並み時間帯によって改札が閉鎖されちゃいます。HPや雑誌「TIME OUT」、前日の夕刊などでアクセスのチェックを。主要駅の改札近くでは、当日カーニバルガイドが配られます。
[PR]
by littleyu_like_mad | 2009-09-04 08:45 | LONDONのDANCE