ブログトップ

ゆりこのダブダブ道

yurikodub.exblog.jp

<   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

浜千鳥

#NOWHUMMING デイサービスで覚えた古い歌のなかで、一番好きな曲。哀しいけど優しい。Favorite in the songs that was taught to the elderlies.And beautiful, tender and sad.



青い月夜の浜辺には
親を探して鳴く鳥が
波の国から生まれ出る
濡れた翼の銀の色

夜鳴く鳥の悲しさは
親をたずねて海こえて
月夜の国へ消えてゆく
銀のつばさの浜千鳥


東日本大震災から2年。
Two years past from the Tohoku Earthquake.

今年も、亡くなられたかたがたのご冥福と、
遺されたかたがたの心身のご健康をお祈りします。
repose of the souls of those who died,
I wish you physical and mental health of those who are bereaved.

まだだれも、あのショックから立ち直れてない。
Nobody has can stand up from the shock still.


被災してもしてなくても、
どんなジェネレーションでもシチュエーションでも
ひとついいたいことは
体を大切にしてほしい!!! とゆーことです。

介護でお年寄りをお風呂にいれていると、湯船に浸かったときにガチ吐露するかたがわりと多いのです。
あるとき、2回の脳卒中で片マヒが残る認知症のおばあちゃんが、フイにまっすぐわたしの眼をとらえて「わ、わ、わたし、ほんとはこんなじゃないの。も、もっとしゃーしゃき喋るのよ。言葉がでなくて、ぐ、ぐやじい」、「唄だって前はそりゃぁいい声でうたったのよ、生徒におじえだもの。でも、こっちがた(マヒ側)がつかえて、ふしができない。ぐやじい、ほんとにぐやじいの」って。

いつもウンコまみれだけど。商売してたのも、三味線の先生してたのも、いつも着てくるシャレた服がぜんぶ自作なのも知ってる。
2回倒れて、息子さんと2人でソーゼツな苦労したのも。
でも、おっとりした人だと思ってたもの。
あんまり歯がゆそうなもので、むしろわたしが風呂場でエンエン。



できるかぎり長く、元気でいてほしい。みんな。
ずっと、明るく、楽しく、ほがらかに。
確実に時間がすぎて老いてくなかで、不可欠なのは
タフな♡と身体(これはニコイチ!)家族
必要とされていると思えること
みたい。
見ててそう感じる。
そしたら、元気じゃなくなってピンチのときも、向かってける。

わたしには国を変えるようなパワーも知恵もない。
被災地のなんの役にもたってない。

まわりの立場の弱いひとを確実に支援するしかできない。
自分のスタンスを変えるほうが手っ取り早い。
それだっていっぺんにすべては変えられない。
ひとつひとつ既成概念をひっくりかえしてこ。











いやー、すっかりブログ放置してます。なに書いていいかわかんなくなっちゃって! でも、レゲエのこととか、珍スポット情報とかうpしたほーがいいよって、言ってくださるかたもチラホラいるので、ぼちぼちゆるーっとぎゃんばります! なにしろ検索ワードに「いちもつ」とか頻出する類いです。

[PR]
by littleyu_like_mad | 2013-03-13 22:58 | DAYS☆毎日のこと